突然ですが、コレ、なんの数字かわかりますか?

引用元:MILL for business

…..上記の数字は、ネット上にあるウェブサイト数です。(2018年10月時点)

あなたがこの記事を読んでいる間にも、ウェブサイトはドンドン増えています。

大量情報社会のいま、「自分の求めている情報を見つけるスキル」が求められている、ということでもあります。

もし、すべての情報を受け取ろうとすると、

情報が頭の中で溢れかえり、いずれ頭の中でこのようなケンカをはじます、、

  • あの人はこう言っていたから、この情報が正しい….
  • いや、どうやら今はこっちの手法が主流みたいな気がする….
  • やっぱり輸出じゃなくて輸入の方が良いんじゃないか….

こうなってしまうと、強いブレーキが心理的にかかり、行動できなくなります。

そして右往左往していると、また新しい情報を見つけ、飛びつき、混乱してしまう。
気づかぬうちに、この負のスパイラルに陥ってしまい、身動きがとれなくなる….。

本日は、この負のスパイラルに陥ってしまう前に、

「最短で成果につながる情報収集のやり方」

を紹介していきます。

「個人輸出ビジネスをはじめたいけど何から手をつけたら良いんだろう…..」

と感じている方は、是非最後までご覧ください。
では早速本題に入っていきましょう。

個人輸出ビジネスの正しい学び方

情報収集ができるのは、ネットだけではありません。

本、SNS、セミナー、メルマガ、LINE@、ブログ、友人との会話、コンサル…
と色々な方法があります。

この大量の選択肢の中から、どのように価値のある情報を見つけるのか?

これについてお話をしていきます。

情報より大切なこと

大切なのは情報ではなく、誰から学ぶか、ということです。

なのでまずは、ブログやYouTubeで情報発信をしている人を見つけ、

ここで、「この人面白い!」「価値観が合う!」と思う人を探すのです。

一つ注意点として、、

楽して稼げると言っている人の情報ばかり追っていると時間・資金をムダにしてしまう可能性があるので、このような情報を発信している人は避けましょう、、

  • 不労所得を作って〜
  • 一日たった5分で〜
  • バカでもできる〜

このような情報発信者には近づかないほうが良いです。

……話を戻します!

この方法は、
情報を増やすことを目的とするわけではなく、自分に合う人かどうかを判断するためです。

あくまで大事なのは、情報ではなく、自分が求めている人かどうか、ということ。

このような経験したことありませんか?

高校の授業の時に、、、

「好きな先生の授業は、話を楽しく聞いていられるけど、

嫌いな先生の授業は、まっっったく聞く気にならない…..」

私は、化学の先生が面白い人で、クリスマスにカツアゲされた話などを授業で話してくれて、すごい好きでした。
反対に、数学の先生は真面目すぎて拷問のような時間でした。笑

やっぱり好きな人の話は聞けるし、覚えようと思える。さらには実践してみようと思えるものです。

でも、嫌いな人の話というのは、素直に聞き入れることができないじゃないですか。(^^;
どうしてもね。

なので、知識量や考え方、価値観が合う人を見つけ、その人からすべて吸収する。

「この人だ!」と思った人を見つけたら、他の人の情報はシャットアウトする。
そうすれば、ムダな情報に埋め尽くされて行動ができなくなる、ということを防げます。

ノウハウ本・低額セミナーはお奨めしない理由

個人輸出ビジネスをはじめたいと思ったとき、ノウハウ本を買ったり、低額セミナーに参加するというのはお奨めしません。

ノウハウ本というのは、万人向けに書かれています。
そのため、内容が”広く・浅い”です。ごく表面的な部分しか理解することができません。

それに、出版してから結構時間が経っていると、情報が古くなっていたり仕様が変わっている可能性も高いですからね。

なので、「まずノウハウ本を買う」というのはお奨めしません。

低額セミナーもそうです。※低額=無料〜5000円

そもそも論ですが、なぜセミナー講師は低額でセミナーをするのでしょうか?

会議室を借りたりプレゼンを用意したりと、お金と労力がかかるにも関わらず、無料や数千円で開催するのはなぜか?

…..答えは、ツールや塾、コンサルといった高額なサービスに申し込んでもらうためです。
もちろん全員ではありませんが、これを目的としているセミナーが多いのは事実です。

もしあなたにピッタシのやり方が見つかれば良いのですが、相手の言うがままに申し込んでしまうのは、これはギャンブルに近いです。

何十万円も払ってから、「このやり方は自分に合っていなかった!」となれば、お金も時間がとてももったいないですよね。

なので、まずは自分の理想の人を見つけることから始めましょう。

学びを血肉化する方法

よく私は「インプットしたら、必ずアウトプットをしてください!」と言っています。

インプットとは、情報を「入力」すること
□ 読む、話を聞く

アウトプットとは、情報を「出力」すること
□ 書く、人に話す、行動する

インプットをすると、「脳内世界」は変わりますが、「現実世界」は変わりません。

現実世界を変えたいのであれば、必ず、アウトプットをする必要があります。

つまり、情報を仕入れたら、その情報を頭に置いておくだけじゃなくて、外に出さなければいけないということです。

これをやらなければ、良質な情報をいくら集めても、現実はなにも変わらない。

だから私は「必ずアウトプットをしてください!」と言っているわけです。

だって、あなたは輸出ビジネスに詳しい人になりたいわけではないですよね?
これから輸出ビジネスをはじめて、お客様を増やし、日本製品を販売して利益を得ることが目的ですよね。

9割近くが、、、

「あー、なるほどね。良いこと聞いたわ!」←ここで終わる。これは自己満足にすぎない。

ここで終わるのではなく、

学ぶ→行動(書く、誰かに話す、実践する)→学ぶ→行動…..

これを渦のように繰り返す。

これを繰り返すことで、やっと血となり肉になるわけです。

ちなみに、
どこかで絶対にやらかすことがありますが、それは失敗ではありません。

それは学びです。
なので、なぜこのようなことが起きたのか原因を考えて、次につなげていきましょう。

最後に

ビジネスで大事なのは「知識量」ではなく「結果」です。
最短で結果をだすためには、自分の欲しい結果をすでに手に入れている、価値観や想いに共感できる人を探す。

そして、その人から全力で学び、言われた通り実践していけば最短であなたは成功します。

余談ですが、
私が輸出ビジネスをはじめた時は、そんなに情報発信者が多くなかったです。なので自力で色々試しながらやっていたので、余計に時間がかかったなぁと感じます。(^^;

しかし、今は良質な情報発信者が多いので、

「理想の人がいなくて困る!」ということはないはずです。

『自分の欲しいものが砂漠のどこかに埋まっているなら、自力で頑張って探すよりも、どこに埋まってあるのか知っている人を探すことからはじめましょう。そうすれば自力で探すよりも圧倒的なスピードで欲しいと思っているものが手に入ります。』

なので是非自分に合った人を探してみてくださいね。