これまでebay輸出「ebay輸出ビジネスとは|世界200カ国を相手するビジネスの始め方」について、そしてAmazon輸出「Amazon輸出ビジネスとは|世界最先端の企業を活用した個人輸出のやり方」についてお話をしてきました。

この2つの記事を読んだあなたは、このように思っているのではないでしょうか。

「で、ebayとAmazonどっちの方が稼ぎやすいの?」

実際に、どちらの方が稼ぎやすいのか?

結論を先に言うと、これは人によりけりです

答えになっていないかも知れませんが、Amazon輸出の方が稼ぎやすい人もいれば、ebay輸出の方が稼ぎやすい人がいるので、「こっちの方が良いよ!」とはっきりと言うことができないんです….。

ただし!

  • 〇〇な人はAmazon輸出に向いている
  • 〇〇な人はAmazon輸出よりもebay輸出に向いている

と言うことはできます。

なので本日は、あなたが適しているのはAmazon輸出なのか?それともebay輸出なのか?

これについて解説していきますので、

「自分に合うのはどっちなんだろう」

と考えながら、ぜひ最後までご覧ください。

では早速本題に入っていきましょう!

「Amazon輸出」と「ebay輸出」の違い

Amazonとebayの違いはどこにあるのか?

ボタンの大きさや画像の枚数といった小さなことを言ってもキリがないので、全体像がわかるようにお伝えしていきましょう。

目指している「未来」から内部をみる

「プロサッカー選手を目指す人」と「プロ野球選手を目指す人」は同じ内容のトレーニングをしているでしょうか?

……答えは、NOですよね。

目指すものによって、練習方法や必要道具がおおきく変わってきます。

プロサッカー選手を目指す人は、サッカーシューズを履き、サッカーボールを使ってシュートやパスの練習をする。

プロ野球選手を目指す人は、グラブやバットを持ち、バッティングやフライを捕るといった練習をします。

これは会社にも同じことが言えます。

その会社が目指している「未来」を知ることができれば、

  • もっとも注力していること
  • どのようなものに投資しているか

といったことを読み取ることができます。

では会社が目指す「未来」はどのように知ることができるのか?

これは会社が掲げている使命ビジョンをみることで、その会社がどのような未来を目指しているのかが見えてきます。

では一緒に、両社がどのような使命・ビジョンを掲げているのか見てみましょう。

Amazonの使命
「地球上で最もお客様を大切にする企業であること、お客様がオンラインで求めるあらゆるものを探して発掘し、出来る限り低価格でご提供するよう努めること」

引用元:Amazon.jobs

ebayのビジョン
「どんな言語を話していても、どこに住んでいてもと有益な市場に参加できる、唯一の国際トレードコミュニティーをつくること」

引用元:U-NOTE

上記のように、両社が目指している「未来」はまったく違います。

Amazonは、直接的にお客様を満足させる世界一の企業を目指している。

対して、ebayは世界中の「買い手」と「売り手」が楽しめるコミュニティを形成しようとしている、と言えます。

一度使ったことがある人はわかると思いますが、Amazonは徹底してお客様ファーストです。

商品を注文すると翌日には届き、思っていたものと違ったり不良品であれば返品にも対応してくれる。

いかにお客様に喜んでもらうかを考え、これを実現するために全力で事業に取り組んでいます。

そして、これらを実現するためにAmazonならではのことをやっています。

….何かわかりますか?

Amazonは、他社よりも圧倒的な低価格・豊富な品揃えを実現するため独自物流システムを持っているのです。

独自物流システムを持つことによって、それが配達時間をおおきく短縮でき、

ネットで買い物をする人が望む「安い・早い・品揃え」を可能にしています。

対してebayは、Amazonのように直接的にお客様と関わるようなことをしません。

あくまでもebayは脇役に徹していて、いかに「買い手」と「売り手」が楽しめるかに注力しています。

なのでAmazonには無い、オークション形式で商品を販売することができます。

有名投資家のウォーレン・バフェットとの昼食会をオークションに出品するという企画を打ち出したり、

多くの人が楽しめる環境を提供していて、

  • ゴミだと思っていたものが、まさかこんな値段で売れるなんて!
  • 前からずっと探していたモノを見つけることができた!

と世界中にいる「売り手」と「買い手」が喜べる場所を提供することに注力しているのです。

なので自然と、お客様の層も変わってきます。

Amazonを利用する層は、「低価格・配送スピード」を重視し、対してebayを利用する層は、「商品価値」を重視しています。

こちらのデータをご覧ください。

Amazon 2018年度 日本人セラーTOP10

引用元:Web Retailer

このデータを見ていくと、Amazonでよく売れているのはモノは、

  • 日用品
  • 電化製品
  • ゲーム・DVD

このような商品です。

ebayは「ebay輸出ビジネスとは|個人で日本製品を190カ国向けに販売する方法」でお伝えしたように、ebay輸出でもっとも販売している日本人の方は、中古レコード売っている方で、2番目が中古ゲームソフトです。

このように、会社が目指す「未来」を知ることができれば、その会社がどのようなことをやっているのかが見えてきますよね。

「Amazon輸出」と「ebay輸出」どちらを選ぶべきか

では、「Amazon輸出」と「ebay輸出」どちらを選べばよいのか?

これは難しい質問ですね….。

というのも、人にはそれぞれ向き・不向きがあるからです。

私を例にするなら、私は人混みが苦手で、多くの人が集まるところが得意ではありません。

特に満員電車が苦手で、気分がどんよりします…。

どちからというと、家にこもるのが好きです。映画を見たり、本を読んだり、、、

なので外に出かけて活動的に仕事をするより、誰にも干渉されずに自宅で完結する仕事の方が向いていると言えます。

これと同様に、Amazon輸出に向いている人もいればebay輸出の方が向いている、という人もいるわけです。

ではあなたはどちらに向いているのか?

これまでお伝えしたことまとめると、このように言えます。

Amazon輸出に向いている人
・システマチックに販売したい
・セール情報に敏感な人

ebay輸出に向いている人
・お客様と親密に関わっていきたい
・たくさんの国に友人を作りたい

このように分けることができます。

私が選んだのは・・・

私が選んだのは、ebay輸出でした。

ebay輸出を選んだのには、2つ理由があります。

  • 世界とつながるネットワークが作れるから
  • 差別化しやすいから

世界中と繋がるネットワークが作れる

ebayは、200カ国以上の人たちを相手にビジネスができる、私はここに大きな魅力を感じました。

色々な国に友人がいれば、海外旅行に行ったとき、一緒に食事したり、その国のひとしか知らない面白い話が聞けそうじゃないですか?

私は旅行が趣味なので、たくさんの国に友人がいるのは素晴らしいと思うんですよね。

あなたもそう思いませんか?

差別化しやすい

あと、ebay輸出は、Amazon輸出と比べると、圧倒的に差別化がしやすいと感じました。

差別化とは、他者との違いを明確にすることですよね。

他者との違いが明確になることによって、たとえ料金が他より高くても買ってもらえるようになります。

Amazon輸出で稼ぐキモは、なんと言っても低価格です。

他の人よりも安ければ売れるし、高ければ売れません。

なのでAmazon輸出で稼ぐには、安く商品を仕入れることが何よりも重要になってきます。

安く仕入れるためには、セールを狙ったり、

最後に

最後にまとめると、、

Amazonは、お直的的にお客様に感謝される存在になろうとしている。

ebayは、「買い手」と「売り手」が楽しめる場所や環境を提供しようとしている。

もし、あなたがAmazon輸出をはじめるなら、あなたもAmazonにとってのお客様になるわけなので

ビジネスがしやすい環境が用意されています。

ebay輸出をはじめるなら、買い手(バイヤー)との距離が近く、自分の色を出しやすく、といったところでしょうか。

この記事が、輸出ビジネスを始めるきっかけになれば嬉しく思います。