本日は「個人輸出ビジネスで成果を出したい人が必ず読むべき3冊の本」を紹介します。

最近、このような質問を頂くことが増えてきました。

「個人輸出ビジネスを始めようと思っているのですが、
 何か役に立つ本を紹介してもらえませんか?」

このように思っている方が多かったので、
本日は「コレは読んでおくべき!」という本を3冊紹介していきます。

では早速本題に入っていきましょう。

個人輸出ビジネスの成果につながる3冊の本

これからお奨めする本は、「個人輸出ビジネスで稼ぐ方法」や「ebay輸出で月収50万円」と言ったものではありません。

このような本は、こちらの記事「低額セミナー・ノウハウ本は買うな!個人輸出ビジネスで成果を出す人の学び方」でお話したように、買う必要はありません。

なぜなら

  • Amazon・ebay輸出とは一体何なのか?
  • どうやって始めるのか?
  • 登録・操作方法…など

このようなものは、ネット上で簡単に見つけることができるので、本を買う必要性はあまりない、というのが個人的な考えです。

試しにYouTubeかGoogleで、

「ebay 登録方法」
「Amazon輸出 始め方」

で検索してみてください。

詳しく丁寧に説明してくれている情報発信者が見つかるはずです。

今回紹介する本は、このような表面的なものではなく、もっとディープなところが見えてくる本です。

「人間はなぜモノを買うのか?」
「それは自分の意思で決定しいるのか?」
「なぜ上手いく人・上手くいかない人に分かれるのか?」

こう言ったものが学べる本を3冊を、これからあなたに紹介していきます。

予想どおりに不都合

1冊目のお奨めの本は、「予想どおりに不都合」。

本の中身を見てみる

この本は、行動経済学研究の第一人者のダン・アリエリー氏が書いた本です。

私たちは、合理的な判断でモノ・サービスを購入するのか?

答えはNoです。

いかに、消費者(私たち)が企業やマーケターに踊らされているのかが分かる一冊です。

ビジネスに取り組んでいる人・これから取り組む人は必ず読んでおくべき本です。

TEDでも学べるので、まずはこちらの動画をご覧ください。

GIVE & TAKE

2冊目は、「GIVE & TAKE」。

本の中身を見てみる

この本には、これからの時代にビジネスで活躍するために必要な「考え方」が学べます。

人間には3種類のタイプがいる。

  • ギバー(与える人)
  • マッチャー(帳尻を合わせる人)
  • テイカー(奪う人)

結論を言うと、この3タイプの中で一番成功するのがギバー(与える人)です。

それは、何故か?

自分はどのタイプに属するのか?

これを考えながら読んでみてください。

こちらもTEDで解説している動画があります。

現代広告の心理技術101

最後は、「現代広告の心理技術101」。

本の中身を見てみる

この本は、1冊目の「予想どおりに不都合」をより実践的にしたような感じです。

いかに消費者心理を揺さぶり、買わせるか、ということにフォーカスしています。

モノの売り方を知るのに、最適な本です。

この3冊は、とてもお奨めですね。

「行動心理」が学べる本はビジネスに役に立ちますし、「考え方(マインド)」の本も読んでおけば、行動にブレがなくなるので、右往左往せずゴールまで真っ直ぐ行くことができるようになります。

他にも紹介したい本が出てきたら、随時追加しますが、まずはこの3冊を参考にしてみてください。

最後に

本を買っただけで満足してしまう人は多いです。

あなたはどうですか?

もし、本を買ったけど、読まずにどっかに置いてある、という経験があるのであれば、私のお奨めとしては、本はカバンや机ではなく、トイレに置いておくのがお奨めですね。

実際に、私もトイレに本を置いていますが、気付いたら自然と手を伸ばして読み始めています。

成功者は必ず読書をしている、と言われているように、ビジネスマンに読書は欠かせません。なので、少しずつ本を読む習慣を身につけていきましょう。

ぜひ今回紹介した本を手に取ってみてください。